得したければクレジットカードは二枚持ち!

JALカードとイオンカードの組み合わせはあまりオススメできない

JALカードとイオンカードの組み合わせはあまりオススメできない

 

クレジットカード選びの鬼門である、メインカードとサブカードの組み合わせ。非常に奥が深い世界であり、選択肢が非常に広いため、考えれば考えるほど新たな発見があります。反面、あまりにも奥が深いため、結局どうしたらよいのか分からなくなってしまったり、間違った組み合わせを選んでしまったりと、失敗も付き物。

 

そこで、今回はあまり相性のよくない、いわゆる組み合わせの失敗例を紹介したいと思います。その失敗例とは、JALカードとイオンカードの組み合わせ。ここで説明をするような落とし穴があるということを、ご理解いただければ幸いです。

 

 

JALマイルとときめきポイント

JALカードとイオンカードの組み合わせを選んだ方の目的は、おそらくJALマイルとときめきポイントの交換だと予想されます。イオンカードで貯めた、ときめきポイントはJALマイルへ移行することが可能となっています。しかし、よくよく見てみると、お世辞でも交換率がよいものではありません。

 

ときめきポイントが500ポイントで250マイルに交換。JALマイルは1マイルの価値が1円以上になると言っても、この交換率では損をしてしまう可能性が大きいです。しかも、2014年7月現在ではJALマイルからときめきポイントへの移行は不可能となっています。

 

 

JALカードとイオンカードは相性が悪い

上記のことから分かるように、ポイント交換を目的とした場合は、相性が悪いと言わざるを得ません。

 

1つアドバイスを送るとしたら、JALマイルを貯めていてイオンを利用する方であれば、そのままJALカードで支払いをするとよいです。理由は至って単純で、イオンはJALマイレージバンクの特約店だからです。2014年7月時点で、200円で4マイルが貯まる計算となります。したがって、JALマイルを貯めるのであれば、サブカードはイオンカードではなく、もっと相性のよいクレジットカードを選択するとよいでしょう。

 

ちなみに、イオンカードをメインカード、JALカードをサブカードとしているのであれば、ときめきポイントを貯めるのは辞めた方がよいでしょう。イオンカードに搭載されている電子マネーを利用しWAONポイントを貯めると、若干、相性がよくなります。理由は、ときめきポイントは元々WAONポイントと相性がよく、JALマイルはWAONポイントに移行することができるからです。ただし、JALマイルとWAONポイントは若干、損をしてしまう還元率となっているため、この辺りは割り切る必要があります。

 

ともあれ、ポイントに関しては、どうしても制約が出てしまう組み合わせとなっていることが、ご理解いただけたと思います。他にも、似たような状況になる組み合わせは多く存在するため、落とし穴にはまらないためにも、徹底した調査をすることをオススメします。